検索結果一覧

現在の検索条件をみる

職種からさがす

選択中の職種

職種を選択する

業態からさがす

選択中の業態

業種を選択する

都道府県別からさがす

選択中の都道府県

勤務地を選択する

こだわり条件からさがす

選択中の条件

条件を選択する

キーワードからさがす

条件をクリアする

ご希望の条件に合う公開求人は
現在お取り扱いがございません。

条件を変更してもなかなか
ご希望の求人が見つからないときは、
キャリアアドバイザーにご相談いただくと、
非公開求人を含めてご案内いたします。

条件を再設定する

職種からさがす

選択中の職種

職種を選択する

業態からさがす

選択中の業態

業種を選択する

都道府県別からさがす

選択中の都道府県

勤務地を選択する

こだわり条件からさがす

選択中の条件

条件を選択する

キーワードからさがす

条件をクリアする

フーズラボ・エージェントで転職するメリット

サイトに掲載されない
特別な求人を、
キャリアドバイザーが
紹介します。

あなたの転職活動をサポートします。
転職のお悩みなどお気軽にご相談ください。

相談窓口相談窓口
無料転職相談を申し込む

飲食のお仕事体験談

お客さんの喜ぶ顔がダイレクトにみれる素敵な仕事でした!

20代 男性

私は夜カフェのバリスタとして5年ほど働いていました。そこではお客様一人ひとりに対しての好みを覚えたり、前回来店してくれたときのことを覚えておいたりなど、記憶する仕事が意外と多かったような気がします。もちろんバリスタの技術の向上のための努力もしていましたが、小手先のテクニックよりはその場その場でのお客さんに対応する難しさがありました。しかしそこを乗り越えてコミュニケーションを取れるようになると、ラテアートでお客様の名前を入れたり、少しパーソナルなことや二人の合言葉的なことを書いたりするととても喜んでくれて、こちらまで嬉しくなりました。あの時の経験は何にも言い難い、とても気分の高まる仕事でした。夜が深い仕事でしたがその分お客さんと深い話もできて楽しかったです。

求められる技術が高かったのでレベルアップできた

20代 女性

銀座にあるカフェで、バリスタとして勤務していました。一番成長できたと感じているのは、コーヒーに対する知識や技術のレベルが格段に上がったことです。コーヒーの種類から基礎から勉強して、その知識を接客に生かしたりすることが大変たのしかったし、やりがいを感じていました。また、ラテアートにかんしてはとても上手な先輩社員が在籍していたので、主にその社員さんから教えてもらっていました。とても厳しい人だったのでプレッシャーやストレスを感じたりもしました。しかしながら、日々日々自分が成長できているのがわかったので、モチベーションを保ったままかなり長い間続けることができました。今後も飲食業界で働く上で役立つ技術と知識を得られたと思います。

コーヒーの知識も勉強できて博学になれるので

30代 男性

バリスタとは、自らの店舗やバールなどで働くコーヒーのスペシャリストです。バリスタはイタリア語で言うbar(バール)で給仕する人のことを指しています。エスプレッソやカプチーノや酒類など、バールで提供されるものを熟知し、こだわりの一杯を作り上げていくとともにそれを提供することでお客さんに喜ばれるかどうかと言うことがかかってきます。もちろんコーヒーの種類のことなどコーヒーに関しては詳しく前から勉強しておく必要がありますし何でもなるべくなら答えられていけるようにしていく必要があるわけです。バリスタで働いていて、お客さんからは何度か話されたことがありますがそれ以前からコーヒーの知識を詳しく勉強していたので受け答えることができました。コーヒーの知識もかなりのものになってくると思いますし将来自分のお店を持てるかどうかと言うこともできなってくると思います。